かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ

リハビリとは

嚥下障害

歩行障害手の障害コミュニケーション障害高次脳機能障害日常生活リハビリ

嚥下障害

嚥下障害は、日常生活でのムセ等から気付かれる事の多い障害で、放置しておくと、誤嚥性肺炎の発症など命に関わる問題となります。
しかし、適切な食形態をとり、原因に応じたアプローチを実施すれば、再び「食べる」ことも可能になります。
改善していくためには,以下の要素が重要となります。
 1.定期的な詳細な検査による、食事能力の評価
 2.原因に応じた適切なアプローチ

当施設では,以上の要素に対するアプローチとして,併設医療機関との密接な連携により、安全で楽しい食生活の獲得をサポートします。
例)VE検査(併設医療機関にて実施)、機能的電気刺激療法、バルーンブジー法、IOE法 等

※VE検査(左上写真)とは・・・
併設の医療機関で実施する検査で、内視鏡を用いて、直接飲み込みを評価することで、食事形態などより詳細に判断する事が可能。
                               詳しくはコチラ
「リハビリとは」トップページ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
リハビリに関するあれこれ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ