かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

リハビリテーションにおける特異的検査の重要性について

リハビリの領域で,日常的にPT・OTが患者さまを評価する際には,関節可動域検査や徒手筋力検査,上肢機能検査,日常生活動作検査等,特殊な機器は使用せずにリハ治療に必要な情報を収集するのが一般的です。一方,近年研究が飛躍的に進歩してきている脳神経科学の領域では,CI療法などの神経筋再教育的リハ・アプローチ法により脳の可塑性が惹起され,脳神経が再生し,脳卒中などによる運動麻痺が改善することが知られています。このような特殊な変化を検査する場合,当院で活用している神経生理学的検査(筋電図検査)の他に,f-MRI検査,PET検査,MEP検査等,中枢神経における運動神経の機能を数値化もしくは画像化することによって客観的な治療効果の判定が可能となっています。当院で行なっている「H-reflex測定」では,CI療法や筋電図バイオフィードバック療法などの神経筋促通的アプローチ法の効果を客観的に検査することが可能です。このように,神経生理学的検査(筋電図検査)やその他の様々な「デジタル化された情報による質的神経機能の評価」を行なうこというように,リハの領域も他の領域の医学と同様に,客観的な評価に基づいた「インフォームド・コンセント(informed consent)」が重要です。みなさん,そう思いませんか?

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ