かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

新しい短下肢装具のご紹介
〜より高い歩行能力の獲得をめざして〜

これまで,脳卒中などで歩行障害になった場合,歩行リハビリを行なう際には足関節が一定の角度に固定された種類の短下肢装具(以下AFO)を使用するのが主流でした。一方,近年のリハ医学ならびに義肢装具学の飛躍的な発展により,より高度の歩行能力獲得を目的とした,調節可能な継手を持つタイプのAFOが考案されています。それらの新しいAFOはいずれも,限りなく正常の歩行に近づけるため,@立脚後期〜toe off期〜遊脚期の足尖部クリアランスの改善A立脚期初期の足関節底屈モーメントの吸収・軽減B立脚中期〜後期の足関節背屈補助と股関節伸展補助等を改善させるためのコンポーネントで構成されています。
当院での症例経験から判明したこのAFOの効果は,従来のAFOに比べて,@より速い歩行速度の獲得A傾斜のある道の上がり下りが容易になるB下腿後面を後ろから押される感覚が無いCAFOの設定を順次変更・更新することが可能,といった利点が挙げられ,なによりも患者様ご自身より高いご評価をいただいています。適切なAFOの選択は,患者様の外出する楽しさを広げ,人生の質をより高いものにすることは間違いの無い事実であり,今後,本邦のリハ医療の世界で広まることを祈念してやみません。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ