かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

飛躍的に歩きやすくなる,新しい「足の装具」のお話し
〜痙縮抑制足底板を装着した新しい短下肢装具(AFO)〜

私たちリハビリテーション科専門医やPT・OT等が治療する病気や障害のうちで,自分の意思では調節することができない異常な筋肉の緊張(「痙縮」や「固縮」等)が出現することがあります。この痙縮などの「異常な筋肉の緊張」をコントロールし,飛躍的に歩きやすくする画期的な足の装具が開発されました。東京都にある「国立成育医療センター リハビリテーション科」では,主に「小児脳性麻痺」のお子さまに,この「痙縮抑制足底板」を装着した短下肢装具を応用し,飛躍的に歩行能力が改善したそうです。
 この「痙縮抑制足底板」とは,足底にある,様々な反射誘発受容器を抑制/促通し,異常な筋肉の緊張である「痙縮」をコントロールしようとするものです。この装具を足に装着すると,麻痺した足を振り出すときに,従来の装具よりもつま先が上がりやすくなるだけでなく,「痙縮」によって硬く硬直した麻痺側下肢全体の筋肉が柔らかくなってスムーズに足がでるようになるそうです。
 当院でもこの足底板を装着した短下肢装具を脳卒中・片麻痺の患者様へ積極的に応用し,すばらしい歩行能力を獲得できています。特殊なお薬や手術などはいっさい必要なく,この装具を麻痺した足に装着するだけですばらしい歩行能力を得ることの出来るこの治療法が本邦のリハビリテーションの現場に早く広まっていけばいいですね。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ