かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

最新の脳卒中リハビリテーション通信
〜FES(機能的電気刺激療法)による麻痺した手の機能再建〜

この治療法は,FES(機能的神経筋電気刺激療法)という方法を用いて麻痺した手や腕の筋肉を人工的に電気刺激して動かし,麻痺する前のように手を動くようにしようという方法です。人間の神経や筋肉は,微弱な電気のよって動いていますが,脳卒中になると神経の連絡が途絶えて,脳の指令が手や足に届かなくなります。そこで,このFESのように,外から人工的に神経や筋肉を刺激し,動くようにしようといった方法です。
 まず,麻痺した筋肉の中のモーターポイントという神経筋接合部の集まる場所に電極を埋め込む手術を行ないます。次に,コンピュータ制御された電気刺激装置を腕に装着して,実際に「手を開く・握る・肘を曲る・肘を伸ばす」という手や腕のリハビリテーションを行ないます。「FES」は,従来は脊髄損傷で手や足が麻痺した患者様の機能再建法として研究が進められていましたが,脳のリハビリテーションでも応用され始めています。当センターでは,「CI療法」「両上肢協調訓練」「ミラーセラピー」「筋電図バイオフィードバック療法」「TES(治療的神経筋刺激療法)」はすでにリハ・アプローチ法として多くの患者様へ行なっておりますが,「脳磁気刺激法」や「FES」は研究段階の治療法なので行なっておりません。しかし,何時の日か臨床応用が可能となった時にはリハビリテーション治療法の一つとして積極的に活用していきたいと考えております。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ