かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

高次脳機能障害と社会復帰
〜社会的行動障害の評価とリハビリテーション〜

脳卒中や脳外傷・パーキンソン病など,実にさまざまな病気で,高次脳機能障害というココロの障害が発生します。高次脳機能障害の種類とその内容はこのホームページ上で述べていますのでここでは省略しますが,多くの患者様の社会復帰を妨げているのは,身体の障害よりも,むしろ高次脳機能障害などの心の障害の場合が多いようです。
身体の障害が目に見えるのに対して,高次脳機能障害は目に見えません。「うちの夫は,脳の病気をしてから性格が変わって,仕事へ行っても職場の人たちとうまくいかず,結局辞めてしまった」など,家族や周りの人が「おかしい」と思っても,その理由が分からず,身体面にばかり目が向いて,一番大切な「ココロ(高次脳機能障害)」のリハがまったく行なわれていない現状が,今もなお見受けられます。
当センターでは,@医療者だけでなく,ご家族や患者様を支える全ての人間が,高次脳機能障害を理解することA知りえた情報を,係わる全ての人間で共有・連携することB高次脳機能障害に対して,「誰(ら)が」「なにを」「どのように」取り組むかC高次脳機能障害を患者自身にいかにして受容させ,生活の中での代償作業を学習・実践することができるかD周囲の人間がいかにその患者を見守り続けるか等を大切にしています。
我々医療者・家族・患者自身が相互に,この「高次脳機能障害」を理解できるように,当センターでは「高次脳機能障害・生活状況評価用紙」を用いています。直接主介護者ご自身に評価をして頂くことで,目に見えなかった「ココロの障害(高次脳機能障害)」が表面化し,そして理解できて,ご家庭で適切なココロ(高次脳機能)のリハが実践できるようになります。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ