かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

正しい生活期リハビリテーション
〜通所リハビリテーションの在り方について 〜

昨今,脳卒中等でしきりに「連携」が叫ばれています。「地域連携クリティカルパス」という共通のツールで,必要な情報を共有し,同じベクトルでアプローチすることは,障害を負った方々にとって最も重要です。
リハ医療は従来より,リハ科専門医の指導・処方の下で関連職種が連携し,「自立」させることが第一義です。しかし,現在のリハ医療の現状は,廃用症候群を予防する為のアプローチが一切なされぬまま転院先へ丸投げされ,転院先でも通り一辺倒のリハが行なわれてADL・IADL能力向上が図られぬまま在宅復帰困難となり,介護施設などへ丸投げされ,そのまま終末期を迎えているのが現状です。また,在宅復帰した場合でも,適切なリハビリが行なわれぬまま,デイサービス等で日々を過ごしておられるのが現状です。
では,本当の「医学的リハ」とは何でしょうか?やはりそれは古典的なリハ医学体系に示されるような 1)疾病・病理(disease)に対するリハ医学的介入,2)機能障害(impairment)に対するリハ医学的アプローチ,3)能力低下(disability)に対するリハ・ケア共同アプローチ,4)社会的不利(handicaps)への福祉との連携を一体的に行なうことが重要であり,当法人・通所リハ事業所「かわもと脳神経リハビリセンター」における中心的理念としております。「短時間の訓練室訓練」ではなく,リハ科専門医・各療法士・リハ看護師・ケアスタッフが入り乱れ・協働しての「ケアミックス型リハ」こそが,すべての障害を持った脳卒中患者を幸福へ導く「ノアの方舟」ではないでしょうか?

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ