かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

新しい歩行リハビリ法を紹介します

脳卒中や脳外傷・骨折後遺症・脊髄障害・末梢神経障害・パーキンソン病・脊髄小脳変性症など,さまざまな病気やけがの後遺症で歩行障害になります。我々リハビリテーション科では,従来は理学療法士などが介助を行いながら,杖や歩行器,さまざまな補装具などを使用しながら歩行訓練するのが一般的でした。しかし,近年のリハビリテーション医学の発展によって,新しい歩行訓練方法として「部分免荷歩行訓練」が考案されました。これは,杖や歩行器などを用いず,専用の部分免荷歩行装置を患者様のカラダに装着してリハビリ室を歩行する訓練方法です。このホームページ内に訓練風景を撮影した動画がございますので,どうぞご覧ください。この歩行リハビリを行った場合,本来の人間の歩行パターンである「二足歩行」を集中的に再学習することができ,より美しい歩行パターンを再獲得することができます。また,従来のパワーリハビリや筋力増強訓練よりも,筋力増強効果や体力増強効果も期待でき,しかも「昔のように,二本の足で地面を歩けた!」という満足感を得ることができます。歩けない,もしくはもう少し上手に歩けるようになりたい,という方々は,どうぞお気軽にご相談ください。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ