かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

嚥下(えんげ)障害の評価とリハビリテーション
〜VE(嚥下内視鏡)検査とは?〜

嚥下(えんげ)障害は,様々な原因疾患により発生します。嚥下とは,「食物を認知し,口腔へ運び入れ,食物を咀嚼して食塊を形成し,口腔から咽頭へ送り込み,嚥下反射が誘発され,食道へ送り込む」といった,数秒で終了する一連の半随意・半不随意的な日常的行動です。ここに問題が起きるのがこの嚥下障害で,我々リハ科専門医は様々な手法を用いて検査し,治療を行ないます。本稿では,嚥下障害を客観的に評価・検査する手法として近年注目されている「VE(嚥下内視鏡)検査」について触れてみたいと思います。
VE検査は,内視鏡を用いた検査です。使用する内視鏡は,直径約2mm程度の喉頭ファイバースコープで,耳鼻咽喉科専門医が行なう喉頭・声帯の悪性腫瘍などの検査にも使用されます。 VE検査の特徴は,もうひとつの嚥下機能検査法である「VF(嚥下造影)検査」と異なり,@放射線被曝が全く無いA嚥下動態がリアルタイム且つカラー画像で観察することができる(VF検査は白黒画像)B検査装置が持ち運び可能であるため,場所を選ばずに嚥下機能検査の実施が可能CVF検査と異なり,実際に食べている食物での評価が可能(VFは,造影剤入りの模擬食品のみ)など,優れた特性を有する検査法です。また,実際のVE検査の見学をご希望になる方は,お気軽にお電話にてお問い合わせください。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ