かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

「半側空間無視」という高次脳機能障害について

脳卒中のうち,病巣が左側の大脳に発生した場合と右側の場合には,麻痺などの運動機能障害の他に,様々な高次脳機能障害が発生します。その中でも,一部の例外を除いて右側の大脳に病巣が発生した場合に,高い頻度で「半側空間無視」という症状が出てきます。
 では,この症状について簡単にご説明しましょう。通常,右側の視野の物体は左側の大脳後頭葉,左側は右側へ情報は投射された後に,頭頂葉と言う場所で他の感覚と統合され,やっと「その物体を見た」と認識します。この認識する機能は多くの場合,右側にあるため,このあたりが損傷されるような脳卒中では目に見えた物体や空間を正しく認識できないいわゆる「半側空間無視」という症状が出てきます。この症状は,単に空間を無視するだけでなく,歩行や日常生活動作などに悪影響をもたらし,リハビリ治療の妨げになることが多いので,当院ではこれに対して積極的に高次脳機能リハビリ治療を実施します。このような半側空間無視などの高次脳機能障害でお困りの患者様ならびにご家族の方がおられましたら,お気軽に当院にご相談ください。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ