かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

新しい脳卒中片麻痺上肢のリハビリテーション
〜ミラーセラピーについて〜

脳卒中による腕や手の後遺症に対するリハ法として,CI療法,両上肢協調運動療法,筋電図バイオフィードバック療法,FES(機能的神経筋電気刺激療法)などが国内外より報告され,その有効性などは医科学的に証明されています。そしてこの度,脳卒中片麻痺上肢に対する新たなリハ法として「ミラーセラピー」が報告されていましたので,ご案内いたします。ミラーセラピーとは,「鏡に映った非麻痺側の上肢の動作を患者自身がよく観察し,頭の中でその動きをイメージしながら,麻痺した腕や手を同じように動かそうとする」といった,シンプルな訓練方法です。脳一部には「ミラー・ニューロン」といったものが存在します。このニューロンは,目で見た動作を模倣(ものまね)する時にも反応する特徴を持ったニューロンです。要するに「ものまねニューロン」となっており,この脳の「ものまね機能」をリハに応用することにより,麻痺した腕や手の動きを改善させるリハ・アプローチ法です。この方法を,CI療法などの従来の上肢リハ法に加えることにより,治療効果をより高めることが今後,期待されます。当センターでも,これを他のリハ訓練法と組み合わせながら臨床応用をする予定ですのでご期待ください。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ